明治32年の水害

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、土佐湾に上陸した台風は石鎚山脈を越えて東予地区を襲い、午後6時頃には暴風雨となった。最高潮に達した8時半頃には、全山が山津波の状態となり、一緒に風呂屋谷、見花谷及び小足谷の従業員住宅をはじめ、製錬所、収銅所、倉庫などが一大音響とともに崩壊谷間に流失した。家屋倒壊122戸、家屋大破27戸、死者513人、負傷者26人を出して、暴風雨は午後10時におさまった。
Googleマップ
備考
足谷川流域の見花谷・両見谷・風呂屋谷などでは山津波が発生した。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
別子山村史編纂委員会編「別子山村史」(別子山村、1981年)、52-56頁及び1268-1269頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 水害 別子銅山 死者
NO.
愛媛2113

よく似た災害

大正元年9月21日の台風

大正元年(1912)9月21日、暴風雨のため、栗林公園も全域水浸しになった。栗林村や室の住民は、紫雲山、室山、観興寺の裏山などに避難して暴風雨が収まる... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日より10日にわたり台風9号が来襲した。神母樋門の門扉は大音響とともに大破し、濁流は渦を巻いて逆流、たちまち国道、国鉄線路... 続きを読む

明治44年の寺山の陥没

明治44年(1911)10月8日、小江地区の寺山付近の畑地約2haが大音響とともに崩壊し、家屋1戸が埋没、2、3戸が移転した。明治41年頃から、この辺... 続きを読む

明治25年の保勢崩壊

image

明治25年(1892)7月25日午後2時頃、保勢山の中腹が幅300m、長さ800mにわたり崩壊して、海部川を堰き止めた。崩壊により北岸の山麓にあった3... 続きを読む

明治24年の台風

明治24年(1891)8月16日午前11時頃から東風が激しくなり、午後6時に暴風雨になる。翌日4時頃には風雨とも収まった。この暴風雨で、栗林村では家屋... 続きを読む