昭和18年の台風

災害年月日
1943年07月00日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月、9月、二度暴風雨。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、1063頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛2166

よく似た災害

延宝2年の風雨

延宝2年(1674)8月、風雨。室戸町誌には「月中二度暴風雨漁民大分に痛み」と記されている。 続きを読む

明治21年の台風

明治21年(1888)6月~8月に3度暴風雨、大洪水があり、広島字北向一ノ越で360m余り破堤するとともに、古田では広島字小喜来より三ノ越、二ノ越、住... 続きを読む

元禄15年8月の風雨

元禄15年(1702)8月29日~30日、大風雨により、弥右衛門潮田、下知、新町に潮入る。本年は二度の風雨により損毛10万6千石余、永荒知高2千余石。... 続きを読む

昭和20年の台風

昭和20年(1945)9月17日、大暴風雨。 続きを読む

昭和20年の台風

昭和20年(1945)9月17日、大暴風雨。 続きを読む