享和3年の大火

災害年月日
1803年09月24日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
火災  
概要
享和3年(1803)8月9日午前2時、壬生川村で大火があった。火災の発生地区は現在の高橋町、仲之町で、総戸数の三分の一の109軒を焼失し、約600人が路頭に迷った。この時消火用として大きな役割を果たした井戸(豪農高橋与五衛門の井戸)が、現在も防火用井戸として大切に保管されている。
Googleマップ
参考文献
壬生川郷土史研究委員会編「壬生川郷土史」(壬生川郷土史研究委員会、2009年)、71-72頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 高橋町 仲之町 井戸
NO.
愛媛2186

よく似た災害

寛政3年の山津波

寛政3年(1791)8月20日、高松藩領全域が大風と洪水に襲われた(「高松藩記」による)。造田村の内田免の黒の谷、森の谷、池の谷、竹の谷一帯に山津波が... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月、台風19号により、香川県では大きな被害を受けたが、ため池が洪水調節機能を果たしたため被害軽減に貢献した。三木町では蓮池や... 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、大干ばつ、作り方皆無。御領中飢人おびただしく路頭に迷い、卯の春にかけ諸方御祈祷施行あり、おそろしきこと。(三浦の田中家史料「御書... 続きを読む

平成23年の東北地方太平洋沖地震津波

平成23年(2011)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震津波により、徳島県南部の浅川港ではT.P.+1.64m、橘湾ではT.P.+1.34~2.... 続きを読む

天文10年の洪水

天文10年(1541)、洪水があり、その時神殿より鏑矢が飛び出て西方の山上に止まった。村民はこれを見て西山に逃げた。果たして川は3箇所崩壊して、家屋、... 続きを読む