明治3年の台風

災害年月日
1870年06月16日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
風水害  高潮  
概要
明治3年(1870)5月18日、大暴風雨が襲来し、堀川左岸堤防が決壊して大新田村に浸水し大被害を受けた。そこで代官所手代が指揮者となり、復旧工事に行い、25日かけて潮留に成功したが、また堤防が切れ、決壊口はさらに大きくなった。手代は罷免となり、代わって大新田村庄屋岡田貢が責任者となり、屈強の若者120人を選び、1時間交代で突貫工事を始めた。堀川に仮橋を架け、石船3隻を決壊口に沈め、土俵をその上に積み潮留めに成功した。この着想及び工事の運び方は人々の賞賛の的になった。
Googleマップ
参考文献
壬生川郷土史研究委員会編「壬生川郷土史」(壬生川郷土史研究委員会、2009年)、74頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堀川堤防決壊 大新田 庄屋 潮留
NO.
愛媛2187

よく似た災害

宝永7年の風雨・高潮

宝永7年(1710)、激しい風雨で河川は氾濫し、高潮と重なり、堤防が決壊して大新田は壊滅状態となった。資料によると、「西条船屋から河原津まで沖に堤防は... 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)、キジア台風により、東予市の海岸堤防が決壊した。決壊堤防の潮止めのために婦女子まで総動員でかますや俵に土を詰めて、船で昼夜を問わ... 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)、キジア台風により、東予市の海岸堤防が決壊した。決壊堤防の潮止めのために婦女子まで総動員でかますや俵に土を詰めて、船で昼夜を問わ... 続きを読む

昭和29年の台風12号・13号・15号

昭和29年(1954)9月8日に台風13号、13日に台風12号、26日に台風15号が襲来した。甘崎小又新田、甘崎大新田、下地田、多々羅の各新田が決壊し... 続きを読む

明治23年9月の洪水

明治23年(1890)9月11日、台風により、仁淀川は洪水となり、森山堤防が1,800mにわたって破損した。また、佐川は稀有の大洪水となり、中島堤防が... 続きを読む