昭和28年の大雨

災害年月日
1953年06月07日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
風水害  
概要
昭和28年(1953)6月7日~8日、梅雨の大雨による増水で、刈り取った麦が流された。残った麦も穂発芽をして、収穫皆無となった。
Googleマップ
参考文献
多賀郷土誌委員会編「多賀郷土誌」(多賀郷土誌委員会、2004年)、19頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨
NO.
愛媛2205

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)8月、大旱害により、高津、中原、川古、西村等は収穫皆無となった。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月から連日の雨や霧により、麦作では穂腐りと赤かび病が大発生し、5月中旬からは連続して豪雨に見舞われた。さらに台風2号・3号の余... 続きを読む

天保4年の長雨

天保4年(1833)、長雨が降り続き、その上害虫が発生して稲作と雑穀は収穫皆無となった。 続きを読む

天明2年の暴風

天明2年(1782)5月4日~5日の大暴風により、田植えが終わった数千町歩の苗が流され、民家の倒壊・流失233戸、舟の破砕50隻という。さらに、6月1... 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)9月14日、大洪水により堤防が決壊し、下井、高津、新田の一部が収穫皆無となった。 続きを読む