昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月08日
市町村
愛媛県西条市(小松町)
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)、台風17号により、周桑郡一帯は9月8日から5日間降り続き、平地で800ミリ前後、山間部では1,00ミリを超す豪雨となり、東予市、周桑郡では未曾有の大被害をこうむった。小松町議会での報告によると、被害は河川34件、橋梁2件、農業用水路28件などに及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松町誌編さん委員会編「小松町誌」(小松町、1992年)、59-60頁及び66頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨
NO.
愛媛2227

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月10日~12日、台風17号により、3日3晩未曾有の大洪水に襲われ、住宅の半壊1棟、一部破損9棟、床下浸水250世帯など町内に... 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月12日~13日、キジア台風に伴い県下全体に雨量は200ミリ以上、風速は海上で30m以上となり、死傷者19名が出た。稲の開花期... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日から7日間雨が降り続き、吉野川は未曾有の大氾濫となった。田畑は荒地と化し、人畜、農作物、堤防等は大被害を受けた。(「板野郡... 続きを読む

昭和50年の長雨

昭和50年(1975)8月5日から25日にかけて、台風5号・6号を中心とする豪雨を挟んだ長雨により、農作物被害が発生した。川島町では12月26日の町議... 続きを読む

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月5日、台風により、勝浦川、鮎喰川では未曾有の大洪水となった。山崩れも発生した。 続きを読む