明治32年8月の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県西条市(小松町)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、台風。中山川、加茂川が氾濫し、家屋流失60戸、溺死51人。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松町誌編さん委員会編「小松町誌」(小松町、1992年)、62頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 中山川 加茂川 死者
NO.
愛媛2252

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)9月24日、台風により、肱川が氾濫し、家屋流失などの被害が出た。 続きを読む

明治45年の洪水

明治45年(1912)、大雨で石手川が氾濫し、中村橋が流失した。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)、暴風雨により中山川が氾濫した。また、鞍瀬川が増水し、明河小学校の運動場が流失。(「田野村誌」等による) 続きを読む

明治43年の水害

明治43年(1910)、宍喰川が氾濫し、中角堤(延長120間余)が決壊した。 続きを読む

明治6年8月の台風

明治6年(1873)8月29日、暴風雨により、重信川など河川が氾濫して、各地に甚大な被害を与えた。 続きを読む