大正元年の台風

災害年月日
1912年09月21日
市町村
愛媛県西条市(小松町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月21日~23日、台風により平地の雨量300ミリ、山間部の雨量500ミリ、中山川角部土手1,000m決壊。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松町誌編さん委員会編「小松町誌」(小松町、1992年)、62頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 中山川決壊
NO.
愛媛2265

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)9月21日~23日、台風により、平地の雨量300ミリ、山間部の雨量500ミリ、中山川の角部の土手100m決壊。(西条市自然災害年表... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月21日~22日、暴風雨により、中山川角部の土手が決壊、流失家屋28戸、田畑流失10ha、切れ口約100m。雨量は平野部で350... 続きを読む

大正13年10月の台風

大正13年(1924)10月8日、台風により山間部の雨量150ミリ。 続きを読む

明治44年8月の台風

明治44年(1911)8月15日~16日、台風により山間部の雨量400ミリ。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月、大型台風が県の東部海岸をかすめて北上した。22日の雨量は大正300ミリ、梼原328ミリ、中村225ミリ、20日~23日の雨量... 続きを読む