昭和7年の豪雨

災害年月日
1932年07月02日
市町村
愛媛県西条市(小松町)
災害種類
風水害  
概要
昭和7年(1932)7月2日、豪雨により東予の雨量200ミリ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松町誌編さん委員会編「小松町誌」(小松町、1992年)、63頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨
NO.
愛媛2303

よく似た災害

大正7年の豪雨

大正7年(1918)7月4日、豪雨により東予の雨量150ミリ。 続きを読む

昭和27年7月の豪雨

昭和27年(1952)7月2日~3日、豪雨により東予沿岸の雨量432ミリ。7月10日~11日にも豪雨。 続きを読む

昭和3年の台風

昭和3年(1928)8月18日、台風。8月29日~30日、台風、東予の雨量200ミリ。 続きを読む

昭和2年の豪雨

昭和2年(1927)8月26日、豪雨により石鎚山系の雨量300ミリ、加茂川、国領川等が氾濫する。 続きを読む

明治44年6月の台風

明治44年(1911)6月19日、台風により東予地区の雨量150ミリ。 続きを読む