昭和50年の台風5号・6号

災害年月日
1975年08月00日
市町村
愛媛県久万高原町(面河村)
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月、台風5号・6号により、降水量は石鎚山成就564ミリ、久万184ミリで、面河川は明治以来の大洪水となった。面河村では、農地、道路破壊により被害総額は2億1,603万円となった。石鎚スカイラインは8月17日から9月21日まで36日間通行禁止となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中川鬼子太郎編「面河村誌」(面河村、1980年)、14頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 面河川 石鎚スカイライン
NO.
愛媛2408

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月、台風17号により、8日~13日の総雨量は石鎚山成就で1,160ミリ、久万で577ミリとなった。面河村では、道路破壊、農地破... 続きを読む

昭和47年の台風9号

昭和47年(1972)7月、台風7号により、降水量は石鎚山成就397ミリ、久万232ミリ、石鎚山系で700ミリに達する所もあり。石鎚スカイラインの地す... 続きを読む

昭和47年7月の集中豪雨

昭和47年(1972)7月4日~5日、梅雨前線に伴い、時間最大雨量53ミリの集中豪雨を記録した。香宗川では、中ノ村、土居で床上浸水、水深1~1.5mと... 続きを読む

昭和47年9月の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日夜~9日朝の集中豪雨により、香宗川と烏川が氾濫し、浸水状況は7月の集中豪雨を上回った。大谷地区は7月に続いて龍河洞スカイ... 続きを読む

昭和54年6月の大雨

昭和54年(1979)6月27日~30日、四国地方に停滞した梅雨前線の活動が活発になり、総降水量は剣山610.5ミリ、木頭463ミリ、京上438ミリ、... 続きを読む