貞享3年の洪水

災害年月日
1686年00月00日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
風水害  
概要
貞享3年(1686)、洪水により長野村で再度災害を受けた。翌年に長野を現在の地に移転した。(「田野村誌」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丹原町誌編さん委員会編「丹原町誌」(丹原町、1991年)、42頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 長野村
NO.
愛媛2453

よく似た災害

貞享2年の洪水

貞享2年(1685)、洪水により、野根郷内田村の了徳寺を現在地のコヤノ谷に移転再建。 続きを読む

天和元年の台風

天和元年(1681)、台風により古川宮の尾が崩壊し、普門寺や耕地等に大被害を受けたため、現在の願成寺と王子神社を現地に移転したとの伝説がある。 続きを読む

天和元年の台風

天和元年(1681)、台風により古川宮の尾が崩壊し、普門寺や耕地等に大被害を受けたため、現在の願成寺と王子神社を現地に移転したとの伝説がある。 続きを読む

貞享2年の洪水

貞享2年(1685)、丑寅の水。(「田野村誌」等による) 続きを読む

寛永3年の洪水

寛永3年(1626)、大洪水により長野村が流れた。(「田野村誌」等による) 続きを読む