文政3年の洪水

災害年月日
1820年00月00日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
風水害  
概要
文政3年(1820)、洪水により減収。楠窪村の農民46名が逃散した。(「田野村誌」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丹原町誌編さん委員会編「丹原町誌」(丹原町、1991年)、43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
愛媛2469

よく似た災害

文政9年の台風

文政9年(1826)、暴風雨。(「田野村誌」等による) 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)、大干。(「田野村誌」等による) 続きを読む

明暦3年の洪水

明暦3年(1657)、関屋川の洪水により石経村の円光寺が流失した。(「田野村誌」等による) 続きを読む

天保13年の風雨

天保13年(1842)6月4日、風雨激しく、洪水。6月25日、風雨、洪水。この年、阿波国の農民が豊永に逃散してきた。また、この年、名野川の農民は伊予に... 続きを読む

寛永3年の洪水

寛永3年(1626)、大洪水により長野村が流れた。(「田野村誌」等による) 続きを読む