明治23年の洪水

災害年月日
1890年00月00日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)、霖雨により高松川が兼久地区に切れ込み、人家を流した。3戸流失、1戸半壊、兼久地蔵が流れた。(「田野村誌」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丹原町誌編さん委員会編「丹原町誌」(丹原町、1991年)、45頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 高松川 兼久
NO.
愛媛2486

よく似た災害

明治23年の長雨

明治23年(1890)、霖雨により、高松川の兼久地区が切れ込み、人家を流し、3戸流出、1戸半壊。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

明治21年の洪水

明治21年(1888)9月、関屋川が切れ込み、岸の下を流した。(「田野村誌」等による) 続きを読む

明治38年の洪水

明治38年(1905)8月、中山川の出水により堤塘及び3箇所の堰が流失し、来見橋も流失した。(「田野村誌」等による) 続きを読む

寛永3年の洪水

寛永3年(1626)、大洪水により長野村が流れた。(「田野村誌」等による) 続きを読む

明暦3年の洪水

明暦3年(1657)、関屋川の洪水により石経村の円光寺が流失した。(「田野村誌」等による) 続きを読む