明治32年の台風

災害年月日
1899年00月00日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)、暴風雨により中山川が氾濫した。また、鞍瀬川が増水し、明河小学校の運動場が流失。(「田野村誌」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丹原町誌編さん委員会編「丹原町誌」(丹原町、1991年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 中山川 鞍瀬川 明河小学校
NO.
愛媛2490

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)、暴風雨により、中山川が氾濫、鞍瀬川が増水、明河小学校の運動場流出。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)、鞍瀬川が2度にわたり出水し、明河小学校の校舎が3尺浸水し、大きく傾斜した。(「田野村誌」等による) 続きを読む

昭和16年の風水害

昭和16年(1941)6月25日~29日の台風による風水害で、半壊家屋10戸、鞍瀬川増水、明河小学校の床上浸水の被害が出た。(「田野村誌」等による) 続きを読む

昭和49年の豪雨

昭和49年(1974)9月9日朝、豪雨のため鉄砲水が押し寄せ、西祖谷統合中学校の運動場が流失した。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、辻小学校の運動場は1.5m冠水し、徳島本線は不通となった。 続きを読む