明治38年8月15日の洪水

災害年月日
1905年08月15日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
風水害  
概要
明治38年(1905)8月15日、吉田の土手が決壊し、吉田で家屋流出7棟、石田で納屋1棟。切れ田は7か年免租、土砂を冠った田は1か年免租。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
東予市誌編さん委員会編「東予市誌」(東予市、1987年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 堤防決壊 吉田 石田
NO.
愛媛2529

よく似た災害

明治39年の洪水

明治39年(1906)8月15日、大明神川の堤防25門が決壊し、樋が土砂で埋まった。吉田土手が決壊、流出家屋は吉田で7棟、石田で納屋1棟。切れ田は7ヶ... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)、大明神川の新開門樋が土砂を埋まった。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

昭和6年の火災

昭和6年(1931)2月19日、三津で納屋12棟、住家2棟焼失。 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)5月~6月、降雨打ち続き、吉野川、鮎喰川、勝浦川が大洪水。継起する洪水に対して、明治19年以降11か年計画で工費95万円を投じて... 続きを読む

享保17年の洪水

享保17年(1732)閏5月10日、雨が打ち続き諸川で出水、郡役人その他がそれぞれ水防場所に罷り出る。久米郡和泉村の池等が所々損壊、温泉郡畑寺村大洲原... 続きを読む