昭和20年の枕崎台風

災害年月日
1945年09月17日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)9月17日夜半、枕崎台風が本県北西部を通過した。枕崎台風がもたらしたフェーン現象により、まだ充分実の入っていない稲穂が白く立ち枯れになる被害が発生した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
東予市誌編さん委員会編「東予市誌」(東予市、1987年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
枕崎台風 フェーン現象
NO.
愛媛2547

よく似た災害

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日夜の枕崎台風により、稲穂は白く傷つき、収穫皆無に近い大不作となった。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日夜半、枕崎台風が本県北西部を通過した。この時のフェーン現象が稲の出穂期と重なり、稲穂の稲首から上が枯死した。この年の収... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月、枕崎台風の来襲により稲が立ち枯れる被害が起こった。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、三豊平野の稲穂は一夜のうちに白穂に変わった。収穫は皆無に近かった。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が来襲した。人畜の被害はないものの、出穂期の稲が真っ白になるなどの風害を受けて、収穫皆無に近くなった。当時は... 続きを読む