享保15年の降雹

災害年月日
1730年06月00日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
その他(ひょう)  
概要
享保15年(1730)5月、雹が降った。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
東予市誌編さん委員会編「東予市誌」(東予市、1987年)、452頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
降雹
NO.
愛媛2639

よく似た災害

享保9年の降雹

享保9年(1724)4月7日、雨、雹が降った。(「増補高松藩記」による) 続きを読む

応永20年の降雹

応永20年(1413)3月7日、雹が降った。(「讃岐国大日記」による) 続きを読む

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)、讃岐では閏4月7日、大雹が降り、その後7月まで大旱。 続きを読む

平成元年5月の降雹

平成元年(1989)5月26日早朝、県南部で雹が降った。阿南市の新野・福井・椿地区及び日和佐町では直径1~2cmほどの大きさの雹が降り、ビニールハウス... 続きを読む

昭和47年9月の降雹

昭和47年(1972)9月18日降水量15時15分頃から約2分間、日和佐町、由岐町、牟岐町一帯で最大直径1cmの雹が降ったが、被害はほとんどなかった。... 続きを読む