昭和25年のキジア台風

災害年月日
1950年00月00日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
風水害  
概要
昭和25年(1950)、キジア台風による増水にため、大曲川右岸堤防が決壊し、田に濁流が流れ込み、池のようになった。写真2枚。
Googleマップ
参考文献
鳥生範雄編「写真集 東予」(国書刊行会、1981年)、78頁
情報源の種類
写真集
キーワード
キジア台風 大曲川 堤防決壊 写真
NO.
愛媛2640

よく似た災害

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、吉野川大洪水。この時、麻植郡鴨島町牛島の堤防が決壊し、破堤部から石井町に向けて濁流が押し寄せ、浦庄、高原、高川原などが... 続きを読む

昭和6年9月の洪水

昭和6年(1931)9月26日、台風による豪雨のため、日和佐川は増水して各所の堤防が決壊し町中が一気に浸水した。右岸では西河内小学校上手で堤防が数十間... 続きを読む

明治24年の台風

明治24年(1891)10月、暴風雨により倒家5戸、死者を出した。また、高松川が三本松の堤防が大破し、三願寺泉に切れ込み、土砂が入り平地のようになった... 続きを読む

昭和20年の洪水

昭和20年(1945)10月9日、集中豪雨となり、10日夕刻、内川が決壊し、市坪に濁流が押し寄せた。市坪の西を南北に貫通する予讃線が土堰堤の役割を果た... 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月13日~14日、キジア台風により、広江川決壊に伴う塩水が大樋ヶ内、内新田、中浜田まで流れてきた。大曲川、崩口川などでも一部決... 続きを読む