昭和38年の長雨

災害年月日
1963年05月00日
市町村
愛媛県今治市(玉川町)
災害種類
その他(長雨)  
概要
昭和38年(1963)5月~6月、長雨が続いた。特に5月の麦収穫直前から連続降雨が一週間以上に及び、刈り倒した麦穂が乾燥しないうちに降り始めるため、脱穀収納ができず、大部分は立毛状態のまま麦穂から発芽し、麦粒は腐敗した。このため、米麦の二毛作収入に依存していた農家は困窮した。被害農家に対しては、天災融資法が初めて適用された。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
玉川町誌編纂委員会編「玉川町誌」(玉川町、1984年)、817-818頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 天災融資法
NO.
愛媛2686

よく似た災害

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月7日から6月20日まで、降雨が続いた。このため、麦は一粒も実らない所もあり、水田はイモチ病がはびこった。村では長雨被害対策協... 続きを読む

昭和38年4月の長雨・霧

昭和38年(1963)4月、連日の雨・霧のため麦穂腐る。 続きを読む

昭和18年の長雨

昭和18年(1843)6月、長雨が40日余続き、麦の刈り取りと乾燥ができず、大半は刈り干したまま発芽した。村は学校、公会堂などの大建物を開放して麦の乾... 続きを読む

昭和18年の長雨

昭和18年(1943)6月、長雨が40日余続き、麦の刈り取り乾燥ができず、大半は刈り干したまま青く発芽した。戦時中の食糧不足の中、工場、学校などの大建... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月から6月にかけて長雨が続き、県下の農水産物の被害55億円、このうち麦の被害28億円。天災融資法が適用される。 続きを読む