宝暦元年の台風

災害年月日
1751年08月09日
市町村
愛媛県今治市(玉川町)
災害種類
風水害  
概要
宝暦元年(1751)閏6月18日~20日、暴風雨により、蒼社川決壊、米損毛7,743石余。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
玉川町誌編纂委員会編「玉川町誌」(玉川町、1984年)、830頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 蒼社川決壊
NO.
愛媛2700

よく似た災害

宝暦元年の台風

宝暦元年(1751)閏6月18日、暴風雨。蒼社川決壊、八丁高紹寺高下まで冠水、米損害7,743石。 続きを読む

宝暦元年の風雨

宝暦元年(1751)6月18日、大風雨で蒼社川堤防切れる。越智郡の減収7,743石余。(「国府叢書」による) 続きを読む

享保7年8月の風雨

享保7年(1722)8月22日、風雨強く、蒼社川決壊、米損毛8,008石余、572町余、壊家480戸、倒木65本。 続きを読む

宝暦7年の台風

宝暦7年(1757)7月26日~28日、暴風雨により、米損毛18,081石余、倒木2,226本、死者1人。 続きを読む

宝暦元年の台風

宝暦元年(1751)閏6月18日~20日、強風、大風、海嘯、損毛8千石余。(「伊予風水害小史(今治拾遺)」による) 続きを読む