文政9年5月の風雨

災害年月日
1826年06月25日
市町村
愛媛県今治市(玉川町)
災害種類
風水害  
概要
文政9年(1826)5月20日~21日、大風雨により、蒼社川の土手大破、倒家157戸、田畑砂入2,614石余。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
玉川町誌編纂委員会編「玉川町誌」(玉川町、1984年)、831頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 蒼社川
NO.
愛媛2702

よく似た災害

文政9年の洪水

文政9年(1826)5月20日から21日夜にかけて大風雨により、潰家、流家及び死者の被害が出た。また、6月6日の風雨により惣社川の土手が大破した。この... 続きを読む

文政9年の風雨

文政9年(1826)5月20日~21日及び6月6日の大風雨により、潰家157軒、餓死23人、破船54艘、田畑砂入2,614石余。(「今治拾遺」による)... 続きを読む

文政9年5月の風雨

文政9年(1826)5月20日~21日、大風雨。倒壊家屋157戸、砂入田畑2,614石分。 続きを読む

享保7年6月の風雨

享保7年(1722)6月23日、強風雨により蒼社川他所々で堤防切れる。損亡8,008石余、572町余砂入、潰家480軒、倒木65本。(「今治拾遺」によ... 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)、伊予国各地で洪水があり、松山領内では石手川の土手100間余が決壊した。 続きを読む