享保5年の大火

災害年月日
1720年06月03日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
火災  
概要
享保5年(1720)4月28日午前6時前、室屋町三丁目より出火、三丁目、四丁目の100間余焼失。80軒余に被害。(「永頼見聞録」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
日浅繁一郎編「今治市誌」(今治市、1943年)、969頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 室屋町 永頼見聞録
NO.
愛媛2743

よく似た災害

享保14年8月の台風・高潮

享保14年(1729)8月19日大雨と高潮により被害が出る。潮入田畑27,603石余、潰家746軒、半潰家241軒、堤防決潰106箇所2,005間、倒... 続きを読む

享保14年9月の台風

享保14年(1729)9月14日、大風雨により惣社川が満水となり、鳥生村の土手が切れたため、多大の損害が出た。(「永頼見聞録」による) 続きを読む

安永7年の大火

安永7年(1778)3月22日午後4時、魚棚一丁目から出火し、一丁目のほとんどを焼失した。 続きを読む

元禄11年の大火

元禄11年(1698)10月6日午の刻(正午)頃、北奉公人町1丁目から出火し、西風にあおられて大火となった。「南路志」ではこの火事で町中でやっと13軒... 続きを読む

享保14年の干ばつ

image

享保14年(1729)6月6日、打ち続く日照りのため、7日夕方から雨乞いを光林寺で行うことになった。しかし、8日から雨模様となり、9日夕方小雨、10日... 続きを読む