明治19年の台風

災害年月日
1886年08月21日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月21日及び9月10日に暴風雨があり、海岸方面の損害が甚だしかった。この時には、蒼社川より流出した流木が片原町海岸に突入し、人家を破壊したものが少なくなかった。また、近見村でも沿岸に大被害があり、海岸に鬱そうとしていた老木もほとんど流失してしまった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
日浅繁一郎編「今治市誌」(今治市、1943年)、978-979頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 蒼社川
NO.
愛媛2751

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)8月21日及び9月10日、大暴風雨。蒼社川からの流木で片原町方面人家を破壊、近見村も全沿岸大被害、県費で波除石垣築造。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、台風が来襲し、大潮の満潮と重なって異常な高潮となった。激浪が海岸堤防を破壊して、九王、大井浜に大損害を与えた。被災者... 続きを読む

大正4年10月の台風

大正4年(1915)10月7日~8日の台風は、本県では風は強くならず、雨も比較的少なかったため被害は軽微であったが、諸所の農作物が倒伏して、幾分の被害... 続きを読む

明治37年の台風

明治37年(1904)8月31日、台風が室戸岬に上陸し、県内を通り姫路に北上した。強風はなかったが、日雨量が350ミリに達した所があった。干天が続いた... 続きを読む

昭和31年の台風12号

昭和31年(1956)9月10日、台風12号により、海岸部に被害があり、三崎町でも被害が大きかった。佐田岬の最大風速は南東39.5m/sであった。 続きを読む