昭和27年の雷雨

災害年月日
1952年09月01日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  その他(落雷)  
概要
昭和27年(1952)9月1日、雷雨。桜井地区落雷のため死者1名、堤防決壊1箇所。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治市誌編さん委員会編「新 今治市誌」(今治市、1974年)、43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
落雷 死者 堤防決壊
NO.
愛媛2792

よく似た災害

大正4年6月19日の雷雨

大正4年(1915)6月19日、香川県下では落雷のため、死者3人、全焼家屋1戸の被害が出た。また、降雹のため、農作物に被害があった。(気象庁「気象要覧... 続きを読む

昭和31年の落雷

昭和31年(1956)8月14日、幡多郡下で雷雨が発生し、三原村で落雷のため死者1人、負傷者2人となった。 続きを読む

昭和59年7月の雷雨

昭和59年(1984)7月20日午後、積乱雲が発達し、県西部と徳島市で局地的に激しい雷雨となり、落雷が相次いだ。鉄道では徳島線で遅れが出た。また、送電... 続きを読む

昭和44年の雷雨

昭和44年(1969)9月7日、寒冷前線の通過で県下は激しい雷雨に見舞われ、徳島市、阿南市、那賀川町、羽ノ浦町などで落雷のため停電があった。また、徳島... 続きを読む

昭和44年の雷雨

昭和44年(1969)9月7日、寒冷前線の通過で県下は激しい雷雨に見舞われ、徳島市、阿南市、那賀川町、羽ノ浦町などで落雷のため停電があった。また、徳島... 続きを読む