昭和29年の大雨

災害年月日
1954年07月04日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)、大雨。家屋一部破損29戸、床上浸水19戸、道路決壊7箇所、堤防決壊2箇所、山崩れ2箇所。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治市誌編さん委員会編「新 今治市誌」(今治市、1974年)、43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 堤防決壊 山崩れ
NO.
愛媛2795

よく似た災害

昭和29年7月18日の大雨

昭和29年(1954)7月18日~19日、県の中央部で大雨となった。被害は家屋全壊1戸、半壊2戸、床上浸水16戸、床下浸水215戸、堤防決壊3戸、道路... 続きを読む

昭和30年8月の大雨

昭和30年(1955)8月29日~30日、低気圧の東進に伴い強雨が中部、東部の山間部に集中した。29日の雨量は天坪252ミリ、地蔵寺235ミリを記録し... 続きを読む

昭和29年4月11日の大雨

昭和29年(1954)4月11日、気圧の谷の通過に伴い県内各地の雨量は200ミリを越えた。被害は家屋全壊2戸、床上浸水12戸、床下浸水3戸、堤防決壊3... 続きを読む

昭和33年の大雨

昭和33年(1958)7月3日、大雨により、降水量132ミリ、道路決壊2箇所、堤防決壊135箇所、死者1人、床下浸水554戸。 続きを読む

昭和33年の大雨

昭和33年(1958)7月3日、大雨。局地的132ミリ、死亡1名、床下浸水554戸、非住家被害2戸、水田冠水94兆、道路決壊2箇所、堤防決壊135箇所... 続きを読む