昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月21日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
昭和45年(1970)8月21日、台風10号。風速30.5mの烈風海上より襲い、防波堤を失い、港湾施設の多くが倒れる。このため、本町銀天街など市中心部に海水浸入、床上浸水135戸、床下浸水700戸、重傷3名、軽傷2名、家屋全壊12戸、半壊175戸。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治市誌編さん委員会編「新 今治市誌」(今治市、1974年)、45頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 防潮堤
NO.
愛媛2821

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、今治市の防波堤が破壊され港湾施設に被害が出たほか、本町銀天街をはじめ市の中心部に海水が浸入して重軽... 続きを読む

昭和54年の豪雨

昭和54年(1979)6月27日から、梅雨前線による豪雨のため、松山市を中心に被害が広がった。松山銀天街では20cm以上も水浸しになった。写真4枚。 続きを読む

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月30日、台風16号の影響で小豆地区は未明から暴風圏に入り、大潮の満潮時と重なって、土庄東港では最高潮位2.51m(警戒潮位2... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風が襲来した。小松島市の被害は、家屋の全壊1戸、半壊22戸、大破9戸、床上浸水200戸、床下浸水352戸、... 続きを読む

明治23年の高潮

明治23年(1890)、八丁新開の堤防決壊、海水浸入。 続きを読む