明治26年の洪水

災害年月日
1893年10月14日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月14日午前4時頃、数日来の風雨と豪雨により、蒼社川、頓田川、谷山川などの河川が決壊し、全市域に壊滅的な被害をもたらした。蒼社川は山手橋付近、郷橋付近、高紹寺付近で大きく決壊した。全市の死者は23人以上、田畑の流失は1,000町歩以上であった。旧清水村では、家屋の全半壊88戸、破損90戸、蒼社川の堤防決壊5箇所約570m、田畑の流失埋没41町歩、山崩れ12箇所、樹木の倒壊流失130本の被害が出た。この水害が契機となって、共有山組合の植林が進められた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、103-105頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 蒼社川 頓田川 谷山川 死者
NO.
愛媛2824

よく似た災害

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、暴風雨が来襲し、海岸並びに浅川堤防を数カ所破壊した。加えて蒼社川の堤防が決壊し、全町が俄に海と化した。溺死1人、行... 続きを読む

明治34年の洪水

明治34年(1901)6月6日~8日、洪水により、丸和村で蒼社川決壊、桂川堤塘決壊、水田流失、龍岡村で堤防決壊180間余、橋梁流失2箇所。 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、大暴風雨洪水。蒼社川決壊、浅川海岸破壊、溺死1名、行方不明4名、家屋流失48戸、全潰79戸、半壊101戸、浸水家屋... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)8月29日から30日にかけて、暴風雨により生比奈村の堤防が決壊し、住家の流失1戸、倒壊18戸、半壊18戸、床上浸水91戸、床下浸水... 続きを読む

元文4年の台風

元文4年(1739)8月5日、暴風雨により、蒼社川と頓田川が決壊し、今治で米損毛8,552石、862町余、壊家319戸、道路決壊34箇所1,105間、... 続きを読む