昭和35年の高波

災害年月日
1960年02月08日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
その他(高波)  
概要
昭和35年(1960)2月8日正午過ぎ、海上自衛隊の警備艦「たかなみ」(1,700トン)が今治沖を全力で呉港に向かった折り、美保町の海岸に高さ2余の高波が打ち寄せ、海岸の約200隻の漁船がぶつかり合って10隻が大破、90隻が小中破し、重傷者2人が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、105頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
高波 海上自衛隊 美保町
NO.
愛媛2826

よく似た災害

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、デラ台風により、三瓶町では夜半2時頃より風雨が強くなり、出漁中の周木、長早、二及、垣生の漁船約15隻の安否が気づかわ... 続きを読む

平成16年の高波災害

image

平成16年(2004)の高知県菜生海岸の高波災害の際には、沖波波高17.2m(推定値)というわが国観測史上初めての波浪を記録し、海岸堤防の崩壊により3... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)8月8日の台風6号(伊勢湾台風、930ミリ)、伊勢湾を中心に中央日本に甚大な被害を与えたが、本県は東部海岸に大波が打ち寄せ、被害... 続きを読む

昭和55年の台風13号

昭和55年(1980)9月11日午前7時50分に鹿児島県大隅半島に上陸後、九州東部を北上、山口県に再上陸後、午後3時頃に日本海へ抜けた。高知県では、強... 続きを読む

昭和8年の高波

昭和8年(1933)9月、愛媛県の海岸一帯を襲う津波が発生し、双海地域でも海岸被害により多数の流失家屋を出し、護岸は壊滅に近い状態になった。下灘村の被... 続きを読む