昭和54年4月の山火事

災害年月日
1979年04月14日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
火災  
概要
昭和54年(1979)4月14日午後1時45分頃、高部のワラビ山から出火して、国立公園の近見山に燃え広がった。15日午前8時まで18時間燃え続け、雑木林50haを焼失した。消火には市との近隣の町の消防団と住民の約1,000人、自衛隊167人が当たった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、106頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事 ワラビ山 近見山 消防団 自衛隊
NO.
愛媛2830

よく似た災害

昭和60年4月の山火事

昭和60年(1985)4月25日正午前、鳴門市大麻町大谷の山林から出火した火は、県道大谷~櫛木線の南側斜面を燃え上がって尾根伝いに広がった。飛び火によ... 続きを読む

昭和3年2月の山火事

昭和3年(1928)2月22日午後3時頃、名東郡八万村(徳島市八万町)の山林から出火、烈風にあおられ、徳島市の方向に延焼した。火は翌23日夜まで燃え続... 続きを読む

昭和59年4月14日の山火事

昭和59年(1984)4月12日午後、半田町で燃え始めた山火事は13日正午頃一旦鎮火したが、14日未明に再び燃えだし、雑木林など7haを焼いて14日夕... 続きを読む

昭和15年の山火事

昭和15年(1940)1月24日、坂手村洞雲山より出火、連日燃え続けて約150haを焼失した。近来稀な大山火事。 続きを読む

昭和40年の山火事

昭和40年(1965)1月24日14時20分頃、板野郡大麻町姫田の宮尾神社の裏山から出火し、15時間燃え続け、山林約70haを焼いた。大麻町役場調べに... 続きを読む