寛文5年の落雷

災害年月日
1665年07月05日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
その他(落雷)  
概要
寛文5年(1665)5月22日、城下、石井など5箇所に落雷し、2人死亡。(「国府叢書」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、108頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
落雷 国府叢書
NO.
愛媛2836

よく似た災害

大正4年7月26日の落雷

大正4年(1915)7月26日16時頃、香川県下の数箇所に落雷した。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む

昭和63年7月の落雷

昭和63年(1988)7月13日、梅雨前線が徳島県を横切ったため、大気が不安定となり雷が発生した。2時40分頃、藍住町で配電盤に落雷し、藍住町や板野町... 続きを読む

寛文13年の洪水

寛文13年(1673)5月14日~15日、大洪水により、三ノ丸切れ、町口川橋落ちる。(「国府叢書」による) 続きを読む

寛文2年の落雷

image

寛文2年(1662)、高松城の乾の隅櫓に落雷、多くの武器を焼いた。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による) 続きを読む

昭和57年9月の落雷

昭和57年(1982)9月20日、寒冷前線の通過により、徳島市では夕方に激しい雷が発生し、17時10分頃に徳島駅構内に落雷した。このため、列車上下7本... 続きを読む