元禄15年の台風

災害年月日
1702年08月21日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
元禄15年(1702)7月28日、暴風雨により城郭、家屋の破損多し、堤防決壊。(「国府叢書」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、108頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防決壊 国府叢書
NO.
愛媛2846

よく似た災害

元禄16年の台風

元禄16年(1703)8月18日、暴風雨により古谷川、小鴨部川が切れ、倒壊100戸余。(「国府叢書」による) 続きを読む

享保14年9月の台風

享保14年(1729)9月14日、暴風雨により、郡内で3,389石余減収、潰家121軒、堤防決壊68箇所2,531間、死者1人。(「国府叢書」による)... 続きを読む

享保7年7月の風雨

享保7年(1722)7月10日、強風雨により損亡1,888石余、城郭も破損。(「国府叢書」による) 続きを読む

元禄3年の風雨

元禄3年(1690)8月11日、大風雨により島方中心に倒壊30戸、破船30艘。(「国府叢書」による) 続きを読む

元禄15年の洪水

元禄15年(1702)8月8日、蒼社川、頓田川、浅川で出水、堤防切れる。今治藩の被害6,000俵余。(「国府叢書」による) 続きを読む