元文元年の長雨

災害年月日
1736年12月26日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
その他(長雨)  
概要
元文元年(1736)11月25日、夏の雨天続きにより、稲作不作高20,984石余。(「国府叢書」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、109頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 国府叢書
NO.
愛媛2867

よく似た災害

元文3年の風雨

元文3年(1738)9月26日、秋の大風雨により、損毛2,853石余。(「国府叢書」による) 続きを読む

元文元年の長雨

元文元年(1736)4月10日より6月9日まで、霖雨60日。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」等による) 続きを読む

元文元年の長雨

元文元年(1736)4月10日より6月9日まで、長雨。秋も長雨。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む

元文元年の長雨

元文元年(1736)4月10日より6月9日まで、長雨。秋も長雨。(「高松藩記」、「庄屋記録」、「讃岐国大日記」による) 続きを読む

元文元年の長雨

元文元年(1736)4月10日から6月9日まで60日間、長雨。秋も長雨、洪水。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む