嘉永5年の暴風

災害年月日
1852年10月05日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
嘉永5年(1852)8月22日、暴風により来島で7戸倒壊、松山では瓦が雨のように飛ぶ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、110頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風 来島
NO.
愛媛2893

よく似た災害

嘉永2年7月の風雨

嘉永2年(1849)7月9日、大風雨。7月10日も大雨、北東の風が強く、樹木が倒れる。中村町は海のようになったという。 続きを読む

嘉永元年8月の暴風

嘉永元年(1848)8月8日、暴風。(愛媛県災害年表) 続きを読む

嘉永5年の干ばつ

image

嘉永5年(1852)5月、代官所が雨乞い、7俵。(「加茂社記」による) 続きを読む

明治19年9月10日の台風

明治19年(1886)9月10日夜、台風が豊後水道を北上し、11日6時に隠岐の北に出た。この台風により、瓦が木の葉のように飛び、市中で数十軒が破損、不... 続きを読む

嘉永2年の火災

嘉永2年(1849)12月7日、種崎町から出火し、農人町、裏町、下知に飛んで134軒を延焼した。 続きを読む