明治26年の台風

災害年月日
1893年10月14日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月14日、大暴風雨により、各河川切れ未曾有の出水。全町被害。家屋の全壊127戸、半壊破損316戸、死者5人。(「今治市誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、110頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 今治市誌
NO.
愛媛2903

よく似た災害

明治6年の洪水

明治6年(1873)10月2日、洪水、高潮により、今治で家屋の流失60戸、半壊48戸。(「今治市誌」による) 続きを読む

昭和30年の台風23号

昭和30年(1955)10月4日、台風23号により、桟橋施設6、今治造船作業場全壊。(「新今治市誌」による) 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風が九州、四国を横断し、死者213人、行方不明3人の被害を出した。佐川では稀有の大洪水となり、死者3人、家屋の全壊... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、暴風雨により池田村内で家屋の全壊32戸、半壊6戸、破損35戸、負傷者2人。二生村、三都村でも被害大。 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日、台風12号により、商店街浸水1,700戸、全半壊70戸。(「新今治市誌」による) 続きを読む