明治17年の小部の洪水

災害年月日
1884年08月25日
市町村
愛媛県今治市(波方町)
災害種類
風水害  高潮  
概要
明治17年(1884)8月25日、台風により風と高潮が被害をもたらした。当時の海南新聞は小部で100人余の死者が出たと報じているが、確証はない。しかし、白玉神社の石段が3段海水に浸かったことや、小部の人たちが峠を越えて樋口に逃げていったことは間違いないことである。この時には、波方本村で家屋が3戸流失し、大浦では高潮で海水が高く上がって、屋根の上を小舟が漂流したと言われている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
森達雄著「波方町百五十年の歩み」(波方町、2005年)、119-120頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高潮 小部の洪水 死者 白玉神社
NO.
愛媛2945

よく似た災害

明治34年7月の洪水

明治34年(1901)7月15日、前日来の雨降り止まず、再び過日決壊した横河原の西堤防より大水が入った。見奈良、田窪を襲い、鉄道を所々破壊した。この出... 続きを読む

明治34年7月の洪水

明治34年(1901)7月15日、前日来の雨降り止まず、再び過日決壊した横河原の西堤防より大水が入った。見奈良、田窪を襲い、鉄道を所々破壊した。この出... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、稀有の洪水で、大きな被害のあったことは事実であるが、記録がなく詳細は不明である。田地の荒廃と堤防の決壊が主で、農作物の被害は少... 続きを読む

天武13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、地震により、土佐、伊予、大和で被害。阿波に関する記録は残っていないが、土佐国では50万頃の土地が陥没したと記されてい... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6の地震が発生した。建築物の倒壊、多くの死傷者を出した。津波を伴っているので、外側地震帯の活動であることは間違いな... 続きを読む