昭和20年の阿久根台風

災害年月日
1945年10月10日
市町村
愛媛県今治市(大西町)
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)10月10日の阿久根台風により、大西町では1日雨量が350ミリに達して大洪水となり、河川の氾濫、堤防道路の決壊など大被害となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大西町誌編纂委員会編「大西町誌」(大西町、1977年)、13-14頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
阿久根台風 洪水 堤防道路決壊
NO.
愛媛2955

よく似た災害

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日午後2時、台風が鹿児島県阿久根市付近に上陸し、北九州を経て山陰から日本海に抜けた。愛媛県では8日から豪雨となり、河川... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、雨量は長者681ミリ、池川562ミリ、越知578ミリで、仁淀川は大洪水となった。 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日14時22分、台風が鹿児島県阿久根町に上陸した。徳島県下の雨は7日から始まり、8日余留に最も激しく、10日夜まで続い... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日14時22分、台風が鹿児島県阿久根町に上陸した。徳島県下の雨は7日から始まり、8日余留に最も激しく、10日夜まで続い... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風により、雨量は須崎で300ミリ、東津野で716ミリ、梼原で612ミリ、大野見で533ミリとなった。幡多郡では昭和... 続きを読む