明治27年3月の大雨

災害年月日
1894年03月21日
市町村
愛媛県今治市(菊間町)
災害種類
風水害  
概要
明治27年(1894)3月21日、大雨により昨年被害箇所が再度荒廃する。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
菊間町誌編さん委員会編「菊間町誌」(菊間町、1979年)、60頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨
NO.
愛媛3062

よく似た災害

明治33年の海水浸入

明治33年(1900)、井田浜新田が再度決壊し、海水が浸入した。 続きを読む

昭和33年7月の大雨

昭和33年(1958)7月2日~3日、梅雨前線により、東予、中予は大雨となり、出水の時刻が満潮時と合致したので、各河川とも氾濫し、決壊箇所が生じた。県... 続きを読む

天保3年6月14日の大雨

天保3年(1832)6月14日、再度大雨により大川筋の田畑被害あり。(「加茂社記」による) 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)8月11日、昨年決壊した横河原の土手が再び決壊し、大水が見奈良に入った。また、横河原駅の東も切れ、水は内分に入り、婦女子が狼狽し... 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)8月11日、昨年決壊した横河原の土手が再び決壊し、大水が見奈良に入った。また、横河原駅の東も切れ、水は内分に入り、婦女子が狼狽し... 続きを読む