明治29年の長雨

災害年月日
1896年06月00日
市町村
愛媛県今治市(菊間町)
災害種類
その他(長雨)  
概要
明治29年(1896)6月、長雨により麦が立ったまま発芽、収量6割方。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
菊間町誌編さん委員会編「菊間町誌」(菊間町、1979年)、60頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
愛媛3064

よく似た災害

昭和18年の長雨

昭和18年(1843)6月、長雨が40日余続き、麦の刈り取りと乾燥ができず、大半は刈り干したまま発芽した。村は学校、公会堂などの大建物を開放して麦の乾... 続きを読む

昭和18年の豪雨

昭和18年(1943)7月21日~24日、記録的な暴風雨となり、連続の降雨で諸川氾濫し、大災害を受け、惨状を極めた。当地方でも麦が立ったまま芽をふく(... 続きを読む

昭和18年の長雨

昭和18年(1943)6月、長雨が40日余続き、麦の刈り取り乾燥ができず、大半は刈り干したまま青く発芽した。戦時中の食糧不足の中、工場、学校などの大建... 続きを読む

昭和45年の長雨

昭和45年(1970)4月~7月、長雨により麦収穫皆無。 続きを読む

昭和37年の長雨

昭和37年(1962)6月9日~10日及び13日、長雨により麦作大被害。(高松気象台の資料による) 続きを読む