明治39年の大雪

災害年月日
1906年02月11日
市町村
愛媛県今治市(菊間町)
災害種類
雪害  
概要
明治39年(1906)2月11日、大雪により平均1尺5寸積雪。奥山3尺、河内6尺、川上5尺。20振りにとける。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
菊間町誌編さん委員会編「菊間町誌」(菊間町、1979年)、60-61頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
愛媛3069

よく似た災害

明治26年の大雪

明治26年(1893)、大雪で3尺余の積雪。 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、県下で大雪、松山で積雪34cm。(史上1位) 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日~11日の大雪により、琴平町で67cmの積雪。 続きを読む

明治39年の大雪

明治39年(1906)3月7日、大雪のため、越知面で2尺5寸(75cm)の積雪となった。 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、大雪が降った。積雪1尺以上、神懸山頂は1尺5寸。(「町史年表」による) 続きを読む