宝暦12年の豪雨

災害年月日
1762年09月00日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
宝暦12年(1762)8月、豪雨が続き、蒼社川や頓田川等が決壊し、大災害の年となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村一義編「魚島村誌 合冊版」(魚島村、2004年)、143頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 蒼社川 頓田川
NO.
愛媛3182

よく似た災害

昭和27年の豪雨

昭和27年(1952)7月10日、梅雨前線が中予に停滞して豪雨となった。東予・中予地方では11日朝にかけて100ミリ以上の雨が降り、各地で山崩れ、堤防... 続きを読む

昭和47年9月の豪雨

昭和47年(1972)9月8日、上浦町で84ミリの雨があったが、この時今治市や玉川町等の陸地部では300ミリ近い豪雨となり、死者や行方不明者等の人的被... 続きを読む

昭和2年の豪雨

昭和2年(1927)8月26日、豪雨により石鎚山系の雨量300ミリ、加茂川、国領川等が氾濫する。 続きを読む

大正15年7月5日の豪雨

大正15年(1926)7月5日~7日の豪雨により、粟井坂道路が崩壊、粟井村各所の貯水池の土手が決壊した。また、北条町鹿島の人家が崩壊し、7日午前5時2... 続きを読む

大正15年の豪雨

大正15年(1926)7月3日から6日にかけて、梅雨前線の活動により降雨が続き、特に3日には南予で100ミリを越す豪雨となった。また、6日には中南予で... 続きを読む