昭和10年の水害

災害年月日
1935年06月00日
市町村
愛媛県上島町(生名村)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)6月から7月初めにかけて降り続いた降雨により、水害が発生した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
生名村誌編纂委員会編「生名村誌」(生名村、2004年)、387頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害
NO.
愛媛3190

よく似た災害

文化12年の水害

文化12年(1815)7月6日晩から9日まで、大雨により大水害が発生した。8月9日にも、山崩れにより大災害が発生した。(「天地の間の事覚附」による) 続きを読む

昭和13年の水害

昭和13年(1938)8月1日、三日間降り続いた雨により、肱川流域は水害に見舞われた。「肱川刻々と増水し、大洲一帯は浸水、床下は水に浸り小舟で交通、濁... 続きを読む

大正7年の水害

大正7年(1918)、那賀川で大水害が発生した。 続きを読む

大正元年の水害

大正元年(1912)、那賀川で大水害が発生した。 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日午前11時から降り出した雪は、翌日午後6時半頃まで31時間以上にわたって降り続いた。琴平の積雪は30cm。 続きを読む