明治6年の台風

災害年月日
1873年08月29日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
明治6年(1873)8月29日、大暴風雨により、今治村では激浪のため防潮堤が決壊し、家屋の流出60戸、破壊48戸、被災者173人の被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、595-596頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 防潮堤破壊
NO.
愛媛3212

よく似た災害

明治6年8月の台風

明治6年(1873)8月29日午前4時頃、大雨が降り出し、午前10時頃には激しい暴風雨となり、耳目を倒し、屋根がわらを吹き飛ばし、家屋の倒壊が続出した... 続きを読む

明治21年の洪水

image

明治21年(1888)7月、第十堰上流4kmの西覚円村で堤防が決壊し、破堤延長369間、同腹欠け189間、家屋の流失・破壊116戸、溺死27人のほか、... 続きを読む

明治19年9月18日の台風

明治19年(1886)9月18日、暴風雨に見舞われ、神田・波田・八反地の3村では9月22日に立岩川の高土手堤防約1,300mが決壊し、溺死者9人、家屋... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風は室戸岬西岸に上陸した。奈半利町では、高潮で防潮堤6箇所が決壊し、負傷者14人、家屋の流出48戸、倒壊5... 続きを読む

明治17年の水害

明治17年(1884)8月25日、暴風、波濤により、堤防が決壊し、家屋の流失、稲や甘藷などの作物に被害が出たが、人命には異常なかった。(西新開の水害記... 続きを読む