明治17年の台風

災害年月日
1884年08月10日
市町村
愛媛県今治市(宮窪町)
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)8月10日及び25日、台風により、宮窪でも多大の被害があった。詳細は不明であるが、友浦上の浜、大崎、鹿老渡では田畑、家屋の流失が多かった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、596頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 宮窪 友浦
NO.
愛媛3213

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)、稀有の洪水で、大きな被害のあったことは事実であるが、記録がなく詳細は不明である。田地の荒廃と堤防の決壊が主で、農作物の被害は少... 続きを読む

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日、伊予松山を震源とするM6.9の地震により、松山でも被害が多かったようであるが、詳細は不明。 続きを読む

元文3年の台風

元文3年(1738)、大暴風雨により田の流失が多かった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

明治31年の台風

明治31年(1898)8月29日及び9月2日、台風が相次いで九州南部より愛媛県を通り、北東に去った。南予の総降水量は200ミリから400ミリで、被害が... 続きを読む

明治43年の台風

明治43年(1910)5月11日、台風により、安原村安原下で雨量が215.5ミリに達した。被害状況は不明である。 続きを読む