明治26年の台風

災害年月日
1893年10月14日
市町村
愛媛県今治市(宮窪町)
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月14日、台風により、東予、中予の被害が甚大で、明治期で最大の災害であった。宮窪町では大川流域の田畑の被害は多大であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、596頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大川
NO.
愛媛3214

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)8月10日及び25日、台風により、宮窪でも多大の被害があった。詳細は不明であるが、友浦上の浜、大崎、鹿老渡では田畑、家屋の流失が... 続きを読む

昭和29年の台風15号

昭和29年(1954)9月26日、台風15号により、宮窪町の海岸線の被害は甚大で、復旧工事完成までの間、住民は通学・通勤に多大の難渋をこうむった。 続きを読む

明治4年の大雨

明治4年(1871)5月18日、大雨、安田古郷池決壊、田畑の被害大であった。 続きを読む

大正7年の風雨

大正7年(1918)、大川郡では強風、豪雨のため、田畑の浸水、家屋の流失、稲の倒伏等の被害が大であった。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日より8月15日まで雨なく、井水は涸れ、稲が枯死して収穫皆無の田地ができた。干ばつの被害は大であった。(「香川県気象災害... 続きを読む