大正2年の高潮

災害年月日
1913年00月00日
市町村
愛媛県今治市(宮窪町)
災害種類
高潮  
概要
大正2年(1913)、高潮被害により、宮窪海岸の家屋は浸水し、江口・新開付近の田は出穂前であったため、海水冠水によって枯死した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、596頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
高潮 宮窪海岸 江口 新開
NO.
愛媛3216

よく似た災害

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、旱害に見舞われた。池水を使って稲の植え付けはしたものの、その後も雨がほとんどなく、田は干し割れた。枯死寸前の稲に、土瓶で水をか... 続きを読む

昭和25年5月の高潮

昭和25年(1950)5月18日1時頃、大川郡引田小学校付近で満潮時に海水が浸入し、40haの田畑が冠水した。(四国新聞による) 続きを読む

大正13年の台風

大正13年(1924)8月20日、九州を台風が襲った。高知市付近の雨量は90ミリであった。 続きを読む

大正6年10月の台風

大正6年(1917)10月10日夜、台風が四国南岸をかすめて11日未明に和歌山付近に上陸した。県内では150~300ミリの雨が降り、特に中心の直前で短... 続きを読む

大正6年10月の台風

大正6年(1917)10月10日夜、台風が四国南岸をかすめて11日未明に和歌山付近に上陸した。県内では150~300ミリの雨が降り、特に中心の直前で短... 続きを読む