昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
愛媛県今治市(宮窪町)
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、東予地方では300~1,500ミリの降雨と30m以上の暴風雨となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、596頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風
NO.
愛媛3217

よく似た災害

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により風速20m以上の暴風雨となったが、大型台風の割には被害は少なかった。須崎付近の雨量は200~300... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が来襲し、東予地方に風速30m以上の風が吹き、加茂川は大出水となった。(写真2枚) 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時10分、室戸台風が室戸岬を通り、北進した。室戸岬通過時の最低気圧は684ミリであった。徳島では15m以上の暴風が... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、四国地方を襲った室戸台風により、東予地方では500ミリに達する降雨があり、瀬戸内では風速30m以上の暴風に見舞われた。... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時頃、台風が室戸岬西方に上陸した。室戸岬測候所では午前5時10分に最低気圧684ミリを観測した。これは陸上で観測さ... 続きを読む