昭和34年の台風6号

災害年月日
1959年08月04日
市町村
愛媛県今治市(上浦町)
災害種類
風水害  
概要
昭和34年(1959)8月4日、台風6号により、県道井口、盛線が交通途絶、その他道路、水路等にも被害があったが、堤防決壊箇所はなかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上浦町誌編さん委員会編「上浦町誌」(上浦町、1974年)、376頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 交通途絶
NO.
愛媛3246

よく似た災害

昭和26年のマージ台風

昭和26年(1951)8月17日から22日まで、台風11号(マージ台風)に伴い日雨量20~100ミリ程度が続いたが、その害は少なく、むしろ高潮によって... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日夕申の刻より地震が発生し、御城郭の破損箇所は多かったが、潰込みの場所はなかった。その後、18日まで度々余震が続いた。(「... 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日、土佐、阿波、備前、備中、備後、因幡等に強震があり、家屋、塀、道路などに大きな被害があったが、この時は津波による被害はな... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月20日から22日にかけて300ミリ以上の豪雨があった。津田川の堤防は各所で破壊され、濁流は両岸より町中へ流れ込んだ。人畜の被害... 続きを読む

昭和54年の台風12号・16号・20号

昭和54年(1979)9月4日の台風12号、9月30日の台風16号、10月18日の台風20号により、ため池、水路等に甚大な被害があった。災害復旧費は5... 続きを読む