昭和47年8月の豪雨

災害年月日
1972年08月21日
市町村
愛媛県今治市(上浦町)
災害種類
風水害  
概要
昭和47年(1972)8月21日、232ミリの豪雨により、瀬戸・甘崎地区の被害が甚だしかった。甘崎の永江川、瀬戸の八股川、出走の地獄谷川は全線ズタズタとなり、山の松の木が海まで流れ出るという山上で、各河川が土砂流出した。このため、建設関係で40箇所1億3,600万円、農林関係で128箇所1億2,100万円、林野治山区堤及び林道3箇所3,000万円、水道施設1箇所430万円の公共施設災害があり、果樹3千数百本が流失または埋没し、冠水は60haに及んだ。
Googleマップ
備考
原資料では昭和47年(1971)となっているが、昭和47年(1972)に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上浦町誌編さん委員会編「上浦町誌」(上浦町、1974年)、379頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 瀬戸 甘崎
NO.
愛媛3260

よく似た災害

昭和40年7月の豪雨

昭和40年(1965)7月4日、豪雨により、農林関係施設94箇所が決壊または崩壊し、60,534千円の復旧費が決定された。建設関係でも竹下川をはじめ8... 続きを読む

昭和37年6月の豪雨

昭和37年(1962)6月8日、豪雨(82.4ミリ)により、建設関係1箇所300千円、農林関係21箇所4,489千円の災害復旧費が査定された。 続きを読む

昭和41年の豪雨

昭和41年(1966)9月24日、豪雨により、農林関係22箇所6,146千円、建設関係2箇所1,724千円の復旧費が決定した。 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月8日、9日、台風9号に伴う豪雨により、農林関係19箇所4,839千円、建設関係では県管理海岸6箇所13,000千円、町管理海... 続きを読む

昭和39年6月の豪雨

昭和39年(1964)6月26日から27日にかけての豪雨(98ミリ)により、農林関係13箇所2,026千円の災害復旧費が決定された。 続きを読む