明治17年9月の台風

災害年月日
1884年09月17日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)9月17日、暴風雨激浪があった。(「大三島町役場文書」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1021頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 激浪 大三島町役場文書
NO.
愛媛3270

よく似た災害

明治17年8月の台風

明治17年(1884)8月25日に暴風雨があり、以下の被害が出た。死者宗方村8人・台村8人、負傷者台村1人、家屋流失宗方村31戸・宮浦村11戸・台村4... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)5月頃、大洪水が発生し、裏の山が崩れ、4歳の子どもが亡くなった。(「万福寺過去帳」による) なお、この時の宗方・口総・浦戸・野々... 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風が宮崎、足摺を通り東進して汐岬沖合へ南転した。大内町史には「暴風雨激浪堤欠山崩あり」と記されている。 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)、大暴風雨で御下賜金があった。 続きを読む

明治24年9月の洪水

明治24年(1891)9月13日、暴風雨激しく、吉野川の水量は平水よりおおよそ1丈5尺余の出水となった。全壊家屋5戸、半壊家屋4戸、堤防決壊30間、道... 続きを読む