昭和53年の台風18号

災害年月日
1978年09月15日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
風水害  
概要
昭和53年(1978)9月15日午後8時から10時にかけて強い西風をもたらした台風18号は、満潮時と重なり、町内各所で被害を出した。明日新田護岸は、異常潮位のため、午後9時過ぎ、幅30mにわたって堤防が決壊し、住家、商店、工場、田畑が浸水した。下道明でも、暴風と高潮で海岸線の道路がえぐられ、海岸線沿いの住家やみかん倉庫などに大きな被害が出た。被害総額は8億2,000万円となった。(「広報大三島」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1033-1034頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防決壊
NO.
愛媛3307

よく似た災害

昭和50年の大雨

昭和50年(1975)6月24日、大雨により、海岸線沿いの水田冠水1ヶ月。 続きを読む

昭和50年の大雨

昭和50年(1975)6月24日、大雨により、海岸線沿いの水田冠水1ヶ月。 続きを読む

昭和50年6月の大雨

昭和50年(1975)6月24日、大雨により、海岸線沿いの水田冠水約1か月。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

昭和54年の豪雨

昭和54年(1979)6月26日から7月2日まで豪雨が襲い、松山市では405ミリの降雨量を記録した。市内の各池も氾濫の恐れが出たため、避難命令が出され... 続きを読む

昭和29年の台風

昭和29年(1954)9月26日、台風に伴う強風と高潮により、被害甚大、明浜町内の海岸線の決壊多し。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史... 続きを読む